About

その音色は

神様に生かされている

輝きに満ちている。

工藤真史プロフィール

 

神戸市出身。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。同大学音楽専攻科修了後、ドイツへ留学。ドイツ国立ヴュルツブルク、ワイマール“フランツ・リスト”両音楽大学院で学んだ後、ミュンヘン音楽大学にて研鑽を積む。在学中よりドイツ国内をはじめ、ヨーロッパ各地でコンサート出演するなど、活発に演奏活動を展開。ドイツで開催されたピアノリサイタルが、南西ドイツ放送、バイエルン放送によって収録、放送され反響を呼ぶ。日本での凱旋リサイタルも同時に開催し好評を博す。
2012年秋に進行性直腸癌、2013年秋に進行性乳癌の宣告を受ける。活動の拠点であったドイツより手術と治療のため帰国。その後、抗ガン剤治療、放射線治療を経て、2015年、ホルモン治療を開始すると同時に演奏活動を再開する。2017年冬、乳癌に伴う肺転移が新たに見つかり、2018年6月、肺への放射線治療を経て、現在も治療を続けながら、自身の体験談を交えつつ、演奏を通して命の尊さを伝えている。
いのちのことば社・ライフクリエイションより

2016年1月、CD「COMPASSION〜生かされて〜」をリリース。

2018年4月、CD「Resonanz〜共鳴〜」をリリース。

© 2015 by MAFUMI KUDO. Proudly created with Resonanz.net

  • Facebook Social Icon